在宅ワーク求人【初心者向け】
在宅ワーク求人【初心者向け】
ホーム > 管理人日記 > 電化製品を節約しよう

電化製品を節約しよう

家具代について ①家具代の目安は?
1から全てを購入したなら100万円以上はかかるでしょう。実家暮らしをしていて、一人暮らしや新婚生活を始めるのなら、全てを買いそろえるのではなく、今まで使用していたものはできるだけ持ち寄ったほうがいいと思います(ドライヤーやパソコンなど)。
ちなみに大体の見積もりで電化製品60万円、家具30万円、小物家具10万円のトータル100万円くらいで考えるといいと思います。 ・電化製品で購入するもの...コンロ、冷蔵庫、洗濯機、炊飯器、掃除機、テレビ、電子レンジ、扇風機やエアコン、ストーブなど。
・電化製品以外の家具で購入するもの...タンス、ベッド、布団、食卓テーブルと椅子、ソファー、茶ダンス、絨毯など。
・その他の家庭用品...食器、鍋、調理用品、トイレ用マットなど。
*ちなみに家具を購入する時には、結婚していて家族が増える予定があるなら、特に電化製品は少し大きめのものを購入するとよいと思いますよ(*^^)v あと、転勤族で引っ越しが多いのであれば、家具の購入は最小限に押さえると、引っ越し時のコストダウンにもなりますよ。購入するのであれば、コンパクトなものが○。 ②家具の購入時期
家具は頻繁に買い替えるものではないと思います。買う時期としては一人暮らしを始める時、新婚生活や単身赴任、引っ越し、新築の時です。家具の中でも茶ダンスやタンス、ベッドなどは、今まで使用していたものを使ったりしますよね。なので、新しい生活を始めるからと言って、全てを新しいものに買い替える必要はなく、使えるものは使って行くべきだと思います。実家暮らしから一人暮らしを始める時に、私が購入したものは、電化製品とソファー、食器を入れる茶ダンスくらいだったと思います。他のタンスやベッド、テーブル、カラーボックスなどは実際に自分の部屋で使用していた物をそのまま持って行き、電化製品は中古のものを購入して使用していました。結婚した時も、しばらくは自分で一人暮らしをしていた時のものを使用して、壊れたものから、最近の電化製品のエコに魅かれて、新品に購入し直していました。あとは新築の時に、家に合った家具を購入したものです。引っ越しには何かとお金がかかるので、無理をして全てを購入するよりも、引っ越しをして落ち着いて、家の中で必要な家具の大きさなんかも見極められるようになって、お金にも余裕ができた時に購入すれば、十分だと思います。私も実際に焦って購入して失敗した家具が何点かありますから。。。(涙)

記事はお役にたてましたか?

記事にご興味をもっていただけましたら、
以下のソーシャルボタンで共有していただくと嬉しいです^^

 ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓
このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントする