在宅ワーク求人【初心者向け】
在宅ワーク求人【初心者向け】
ホーム > 管理人日記 > いよいよ貯金が無くなった懸賞応募がやみつきに

いよいよ貯金が無くなった懸賞応募がやみつきに

懸賞応募がやみつきに 懸賞応募は趣味でした。
これまでに参加してきたものは、小説、エッセイ、詩、俳句、川柳、論文、デザインなど多彩です。
もちろん、「○○名様にプレゼント!」というようなものも、かなり応募してました。
その成果は?
まず、小説は中堅の文学賞の三次審査までいったことが、これまでに四度ほどありました。
結局は最終審査までにはほど遠かったですが。
エッセイ部門では、何度か入賞しています。
うち三冊は本になり、あとは主催者が扱っている商品をプレゼントされたりしました。
詩や俳句とは違うのですが、僕は仕事上、広告の賞を狙っていた時期がありました。
これも中堅の広告賞なのですが、連続5回入賞して、合計で数十万円もいただいたことがあります。
まさに仕事とリンクしていましたから、その喜びは大きなものでした。
懸賞応募は、趣味としても楽しいものです。
ボツであたりまえという考えで、気になるものには応募するべきです。
で、入賞したときの喜びは一入ですから。  

記事はお役にたてましたか?

記事にご興味をもっていただけましたら、
以下のソーシャルボタンで共有していただくと嬉しいです^^

 ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓
このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントする